妊娠したいママ達の排卵検査薬活用術

 

妊娠をしたいと考える人から高い注目を集めているのが、排卵検査薬です。
ホルモンの濃度から、排卵する日を調べていく事が出来る検査薬です。
不妊治療を受けた時、最初に行われる事がおおいのが、タイミング療法です。
タイミング療法は、排卵日を予測し、妊娠しやすい日に性交渉を行うように指導していく方法です。
排卵検査薬を使えば、このタイミング療法と同じように、妊娠しやすいタイミングで、性交渉を行い、妊娠しやすい状態を作っていく事が出来ます。
ただ、漠然と排卵日を知れば良いというのではなく、検査薬をしっかりと活用する事が重要になってきます。
使い方として重要になってくるのが、惜しまずに使うという事です。
検査薬は安くはない為、使う数は必要最低限にしておきたいと考える人は少なくありません。
ですが、生理から数えて11日目辺りから、しっかりと検査薬を使っていく事で、排卵日をしっかりと予測し、そして実際の排卵日の前々日か前日に性交渉を行うようにする事で、妊娠の可能性を高めていく事が出来ます。
そして、少しでも早く妊娠をしたいと考えるのであれば、検査薬を惜しまずに使っていくという事が大切です。
それにより、妊娠しやすい状態を作っていく事が出来ます。

 

通販で購入できる排卵検査薬について

 

2009年までは妊娠検査薬と同様に排卵検査薬も通販で購入が可能でした。しかし薬事法が改正され排卵検査薬は薬局医薬品という取り扱いとなり薬剤師の在中している薬局で、薬剤師が在中している時間にしか購入できなくなりました。法改正に通内インターネットなどでの販売も禁止されてしまいました。しかし海外の製品を輸入して販売する輸入代行という形であれば通販での販売も可能で現在でも海外の製品、海外で販売されている日本の製品を輸入する形でネットで購入することは可能なのです。
こうした背景もあり海外製の排卵検査薬が非常に注目されているのです。海外製の検査薬はネットで注文できるという魅力だけでなくその価格にあります。一般的に日本製の物は一箱に5本から7本程度の検査薬が入っています。一日一本使用するケースが多いのでおおよそ1週間分となります。一箱で3,000円程度、一本当たり400円から600円程度となります。対して海外製の物は一箱に20本や多いものでは70本といった容量となっています。価格も一本当たり100円を切るものがほとんどです。本数を気にせず使用したいという人にとってとても魅力的なのです。
海外製の物は商品は同じでも輸入代行業者によって価格が異なったり対応が異なるなど中にはトラブルになるケースもあります。その代行業者が信頼できる業者かを見極めることでトラブルを防ぐことも可能なのです。

 

妊娠したい人におすすめ排卵検査薬

 

ベビ待ちさんにとって、月に一度の大切な日、排卵日。
でも、いつが排卵日かは、出血を伴う生理と違って、はっきりわかるものではありません。しかし、卵子の生存時間は短く、そのチャンスを逃してしまうと、またやってくる生理に落ち込むことになってしまいます。
でも、産婦人科は敷居が高いし、仕事が終わるのも遅くてなかなか通えないと感じる方も多いでしょう。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、排卵検査薬です。妊娠検査薬は知名度が高く、多くの薬局やドラッグストアが扱っているのに対して、排卵検査薬はあまり知名度が高くありません。しかし、ベビ待ちさんにとっては、家にいながら排卵日を把握できる、とても強い味方です。
使い方は、とても簡単。妊娠検査薬と同じく、尿をかけるだけ。ただし、排卵検査薬は、「今日排卵日か」ということを検査するのではなく、「排卵の可能性の最も高い日はいつか」を検査するため、予め目星をつけておいた排卵日の2、3日前から検査を開始します。そうすると、日に日に判定の反応が濃くなり、そしてまた薄くなっていくのがわかるでしょう。最も濃い日が、排卵日です。
実際使用してみると、これは陽性?陰性?と悩む反応が多いので、写真などを撮っておき、前日分と照らし合わせるとより明確にわかるでしょう。
もし、何度か使用してもそれらしい反応が見られない場合、ホルモンバランスが崩れており、正常な排卵がなされていない可能性も考えられます。その場合は、ぜひ、産婦人科に足を運び相談しましょう。

 

妊娠するために使う排卵検査薬

 

近年の日本では不妊に悩む夫婦が増加しています。少し前までは10組に1組の夫婦が不妊に悩んでいると言われていましたが、今では7組に1組の夫婦が不妊に悩んでいると言われています。そのため、不妊治療をしている夫婦が多くいます。しかし、不妊治療は体力面、精神面、費用面などとても多くの負担がかかってしまいます。そんな時に不妊治療をする前に排卵検査薬を使用する事をおすすめします。排卵検査薬は排卵をする直前に値が高くなる黄体形成ホルモンを調べることで排卵日の目安を調べることができます。黄体形成ホルモンは常に体に存在していますが、排卵をする前に濃度が高くなります。排卵検査薬で検査をすると24時間から36時間以内に排卵するため、陽性反応が強くでた日から3日間以内に性行為をすれば妊娠する確率は高くなります。ただし、確実に排卵する日が分かるわけではないので、あくまでも排卵する目安として使用するようにしましょう。排卵検査薬は通販では購入する事はできません。排卵検査薬は医療用医薬品となるため病院や調剤薬局でのみ購入可能となります。購入の際は薬剤師が対応して購入者の氏名や住所、電話番号等を記入する必要があります。

2016/09/19 07:10:19 |
体外授精と妊活ブログ私が体外授精を真剣に考え始めたきっかけは、妊活ブログだな。体外授精されている方って、本当に詳しくブログに記録されている方が多いよね。お金がかかる治療法だから、それだけ治療に対して真剣になるし、体外授精の周期って、通院とかかなり忙しくて、その周期の一日一日が毎日とっても大切な時間のように感じるしね。私なんか、体外授精までは全然考えていなかったけれども、妊活ブログで体外授精にチャレンジされている方が多いこと、そして妊娠される方が多いことを知って、体外授精にチャレンジする決意ができたんだ。妊活ブログを参考に妊活ブログをしている皆さんの記事を読んでいると、参考になることばかり。本当...
2016/09/19 07:10:19 |
妊娠力高める妊活ヨガ妊活ヨガを始めるのに、早すぎるということはなくって、妊娠をいつかしたいと思ったその時から始めてOK。また、不妊治療で行き詰って悩んでいるような方には特におすすめ。妊活ヨガで、全身の血流が良くなるってことは、子宮の血流も良くなるということ。子宮の血流が良くなれば、子宮が元気になって、ホルモンの状態が改善されるし、排卵・着床しやすい環境になることが期待できるのだとか。これって不妊の悩みの大部分に該当するよね!妊活ヨガのDVD妊活ヨガを始めるって言っても、スタジオがなかなか見つからなかったり、素人がPCの動画を見つけて、うまく実践していくことは難しいよね。そんな中、妊活ヨガのDV...
2016/09/19 07:09:19 |
ママ&キッズの妊娠線クリームについて楽天市場のランキングで不動の1位を誇る妊娠線クリーム「ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム」について調べてみた。先ずは価格、他の妊娠線クリームと比べると、かなりお高いです。次は保湿、保湿力の高さには絶対の自信があるらしい。価格はお高くて、保湿力はすごいらしいけど、かなり伸びが良いので、広範囲に塗りやすいのだとか。サイトの商品説明だけではわからない部分は、やっぱり人気ランキングとレビュー数だよねー。ママ&キッズの妊娠線クリームの成分ママ&キッズのナチュラルマーククリーム(妊娠線クリーム)が、インターネットで売れまくっているらしいので、一体どんな成分で造られた...